청심국제병원

映像医学科

Home > 診療案内 > 映像医学科


清心国際病院 映像医学科 - 当院の映像医学科では221世紀の医療映像機器を利用した多多様な診断過程と仲裁的施術を行っています。

映像医学科では、21世紀の医療映像機器を利用した診断過程と仲裁的施術を通じて、患者様の診断と治療に重大な役割を担っています。高解像能力の単面映像と3次元映像、機能的磁気共鳴映像はもちろん、遠隔映像診断映像の貯蔵伝送システム、デジタル撮影術を利用した電算化診断等、先端 PACSシステムを稼動しています。子骨折の有無や基本的な疾患の検査が可能な一般X-Rayと胃腸・大腸・腎臓の疾病検査が可能な特殊撮影装備、女性に多く表れる骨粗しょう症と乳癌の検査が可能なマンモグラフィー、そして身体の深層部を横断面で見ることができるCT(GE)撮影装備と MRI 장비(GE/1.5T)、64の多重検出器を使用する最先端映像医療装備の MDCT、超音波撮影装備等の検査装備を備えています。

映像医学科の検査情報

- 断面映像 : 一般レントゲン撮影・乳房撮影・超音波検査・食道胃腸造影術・大腸透視造影検査
- 3次元映像 : CT撮影
- 機能的磁気共鳴映像 : MRI
- 脳疾患検査およびシステム : 脳疾患検査・ PACSシステム