청심국제병원

耳鼻咽喉科

Home > 診療案内 > 耳鼻咽喉科


背清心国際病院 耳鼻咽喉科  - 聴覚機能障害と耳をはじめとして、鼻、喉の疾患によって苦しんでいる方々の派早い治癒を助ける為に 最高の医療サービスを提供しています

相談およびお問い合わせ:031-589-4300 聴覚機能障害と耳をはじめ、鼻、喉の疾患によって苦しんでいる方々の早い治癒を助ける為に、最高の医療サービスを提供しています。主要な診療案内:鼻、喉の手術・蓄膿症の手術・アレルギー性鼻炎・いびきの手術・扁桃腺の手術・声帯結節・舌や口内の腫瘍・滲出性中耳炎・喉頭癌の早期診断・顔面神経麻痺・騒音性難聴・耳鳴り・補聴器

耳鼻咽喉科の診療案内

- 蓄膿症の手術 :
よく蓄膿症と呼ばれる副鼻腔炎の手術で、内視鏡を入れて手術します。鼻の中に腫瘍がある場合にも内視鏡で直接根っこまで除去します。

- 鼻中隔矯正術 :
鼻腔を両側に分ける鼻中隔が曲がっていて、鼻づまりの症状と二次的な鼻炎が生じた場合の手術で、多くは肥厚性鼻炎がいっしょにあるので、鼻厚した部分のかさを減らす手術を共に行います。

- レーザーアレルギー手術 :
アレルギー反応によって症状が誘発される粘膜をレーザーをくわえてアレルギーの感作を低下させる手術です。

- いびきの手術 :
いびきの程度と口腔の構造、鼻の状態によって、手術の方法が異なります。いちばん酷い場合の手術が扁桃と喉ちんこのある口蓋垂をいっしょに除去して、広げる手術と扁桃肥大がなく、喉ちんこの部分が垂れている場合、これをレーザーで除去して広げる手術で、鼻中隔湾曲等の鼻に問題がいびきの原因となっているので、これを解決することで、いびきの改善を見ることができます。

- 扁桃およびアデノイド :
手術をする場合は、扁桃が感染しやすくて苦労したり、症状が酷く、夜に息がしばらく止まるほどのいびきがある時と、よく再発する蓄膿症と中耳炎の原因となる場合などですが、口内で手術をして除去する手術です。

- 滲出性中耳炎 :
手術的処置は鼓膜を切開して、中耳中耳換気管を挿入することによって局所麻酔で外来で施術が可能で、協力が難しい乳幼児の場合にのみ、全身麻酔で行います。中耳換気管は、だいたい6ヶ月から1年ほど経てば自然に出てくるようになり、日常生活をするのに不便はありません。

- めまいの治療 :
ある特異な位置に頭を動かす時、めまいや眼球振盪をもたらす疾患で、耳鼻咽喉科のめまいで最も多い原因です。

- 補聴器 :
現代社会は、多くの人々との社会生活で、通信と意思疎通が必要となります。日常的な対話と会議などで、耳が聞こえない人たちは、大きな障害を抱えて生活しています。このような不便さは、体験したことがない人には分からないことでしょう。難聴で苦しんでいる人は、成人だけでなく、全ての年齢層にわたっています。

- 咽喉頭酸逆流症 :
咽喉頭酸逆流症は、防御メカニズムが弱い上部消化呼吸器系と胃酸および内容物に露出されながら多様な症状を表す疾患で、正常な食道運動と胃酸除去機能を見せながら、主に起立する時や昼間に逆流が発生する点で、胃食道逆流症とは違うメカニズムが適用されると考えられています。