청심국제병원

脳神経科

Home > 診療案内 > 脳神経科


清心国際病院 脳神経科 - 社会の高速な高齢化現象で、脳卒中、痴呆、パーキンソン病の数が大幅に増加しています。
 当院は、このような様々な神経系統疾患に対する短期・長期の専門的な診療を提供しています。

神経科が診療する主な疾病は、筋神経系疾患、脳血管疾患(脳卒中)、頭痛、神経系の感染、めまい、遺伝性の神経疾患、脊髄疾患、痛症、パーキンソン病および異常運動疾患などです。中枢神経系は私たちがよく考える頭の中の大脳、小脳、脳幹および脊椎の中で、中枢神経系の神経が下りてくる脊椎で構成されています。末梢神経系は、このような中枢神経系から更に末端の部位まで伸びる電線のようなもので、人体で重要な嗅覚神経、視覚神経など、12組の中枢的な脳神経と胴体と腕、足に分布している脊髄神経のことです。更に大きく見ると、神経からは末端神経が伝達される過程で、神経と神経の間の空間である神経接合部の疾病と神経が分布している末端の筋肉の病気まで全て扱っています。すなわち、脳、脊髄および神経筋(root)、神経、神経接合部、筋肉までの全ての神経系に発生する器質的な疾病を扱う科が、脳神経科です。

脳神経科の診療案内

- 専門の診療分野

パーキンソン病、アルツハイマー、痴呆、運動障害疾患、脳卒中、めまい、頭痛、痙攣(癲癇)ななどの神経系に生じる疾患などを扱います。

- 脳神経検査室

高価な最新の神経系医療装備を利用して、専門化された神経系疾患に対する検査を行います。 神経生理学的検査では、筋電図(electromyography), 神経伝導検査(nerveconduction study), 誘発電位検査(evoked potential study), 脳波(electroencephalography)があります。
当院では、映像医学科と協力して脳 CTと MRI装備で診断検査を行います。
また、精神健康医学科と協診して、精密痴呆を含んだ神経心理検査を行います。
そして嚥下作用とめまいに対する検査は、耳鼻咽喉科との協力を通じて、行われています。