청심국제병원

特化検診

清心健康増進センターでは、疾病の早期予防と健康増進を目的とした総合的な診断と相談を行っています。

個別的な検査に比べてお得で、迅速かつ正確に診断することのできる脳総合検査脳の重さは私たちの体の2%に過ぎませんが、私たちの体に入ってくる酸素の20%を消費し、他の組織より10倍も高い生理機能を担当しています。 年を取るにつれて、脳細胞は、だんだん減っていきますが、40歳を超えると、ストレスなどの様々な原因によって、脳の萎縮の速度が速くなり、100歳前後になると、脳細胞の数が半分くらいに減ります。 このような自然発生による老化は、防ぐことができませんが、これによって発生する脳疾患は、私たちがあらかじめ点検さえしておけば、いくらでも予防することが可能です。

清心国際病院の脳総合検診の特徴

  • 1. 清心国際病院の脳総合検診の特徴
  • 2. 待機時間が短く、迅速な予約と正確な検査
  • 3. 専門医による精密な判読
  • 4. 検査結果をCDに入れて提供
  • 5. 個別的な検査に比べ、格安なパッケージ型の検査

検査項目および内容

検査項目 検査内容
脳磁気共鳴映像
(Brain MRI/GE 1.5T)
- 脳の神経組織状態を見せる検査方法
- 脳腫瘍・脳梗塞・脳出血・脳の先天性奇形、萎縮および痴呆の原因疾患を調べるのに有用
脳血管磁気共鳴映像
(Brain MRA)
- 脳血管系統を検査する方法
- 脳血管のつまりや細くなっていないか、浮腫、奇形の形態をあらかじめ発見することができ、脳に血液を供給す
  る一部頸部血管状態を撮影することができ、早期治療と予防に有用
動脈硬化検査
(VP-1000)
- 血管狭窄と動脈硬化の早期診断を通じて、末梢循環障害・心血管または脳血管疾患の合併症を予防す
  るのに有用
問診および神経学的検査 - 専門医が脳疾患の家族歴および既往歴を問診して、神経学的検査を行う
  • 関連疾患 : 脳卒中(中風)・脳梗塞・脳腫瘍(癌)・脳血管奇形・動脈硬化・外傷性頭蓋内血腫・退行性疾患・感染性疾患・水痘症・小脳症・痴呆など

脳機能の異常症状

  • - 以前に比べて記憶力が著しく減退した
  • - よく言葉がどもる
  • - よく頭痛が発生し、長く続く
  • - よく手足がしびれる
  • - よく目眩の症状が現れる
  • - よく吐き気がする