청심국제병원

アトピー

Home > 診療案内 > 特化診療 > アトピー

アトピー特化診療
自然状態の免疫システムを維持するために、韓方の専門医と相談して、韓方処方・養生法・食餌療法・運動療法などを適切に調和させなければなりません。
						韓方では、アトピー性皮膚炎を人体内の五臓六腑の健康状態と密接に関連した全身的な疾患と見ています。
						アトピー性皮膚炎の代表的な原因は、体質と環境なので、汚染された周りの環境の改善だけでなく、本人の体質に合った根本的な治療が必要です。
						したがって、患者様の状態によって、体のバランスを合わせてくれ、副作用が少ない韓方が効果的です。
						アトピー性皮膚炎で疲れた皮膚が、自然状態に戻り、人体の免疫システムが安定できるように韓方医との相談を通じて、韓方薬の処方・生薬酵素治療・食餌療法などを適切に調和させなければなりません。

アトピーの原因

  • 風熱毒型:不養生により、体内に熱毒が蓄積され、皮膚の表皮層に持続的に湿疹が発生。
         湿痰型:血液循環の低下により皮膚抹消の血行が円滑でなく、体内に湿痰が貯留し、皮膚疾患として発生。
         気血両虚型:普段、体が冷たく、慢性疲労感を感じる場合に多く発生。このような体力低下現象は免疫システムの異常を発現させ、皮膚疾患として発生。
  • 肺機能低下方:肺主皮毛と言って、皮膚は肺と連結されており、肺機能が円滑でない場合。
        肝解毒低下型:体質に合わない食べ物を肝で解毒できない場合、血液内に毒素が存在し、皮膚にかゆみを誘発し、これは持続的な刺激として2次的な感染を誘発。
        副腎機能低下型:副腎の機能低下により皮膚細胞の再生を担当し、自ら体に必要なホルモンの量が合成できず、皮膚疾患として発生。

アトピーの症状

絶え間ない紅斑・落屑・丘疹・かゆみと、これによる2次的な炎症が持続的に維持されます。
      顔面・耳元・脚・太腿・尻・手足・背中まで、広範囲に炎症が発生することがあります。
      特に、夜、かゆみが酷く悪化して、眠られないことがよくあります。

アトピーの治療

  • 	体質に合った食餌療法を行います。
					夜10時か、少なくとも12時以前に就寝して、十分に睡眠を取るようにします。
					一日30分以上、汗を流すくらい運動をします。
					コンピューターを1時間以上しないように努めます。
					インスタント食品や揚げ物を食べないように努めます。 
					体質によっては、小麦粉や乳製品を禁じます。
					楽しい心、肯定的な心を持つように努力します。
  • 各々のアトピーのタイプを認識して、負担となる食べ物は注意します。
					自分に合った運動を行います。
					民間療法は、専門家と相談して行います。
  • お湯の温度は37~39度ほどが適当で、あらかじめ温めておきます。
					健康な角質層まで除去されることがあるので、掻き過ぎないように注意します。
					汗を流した後は、すぐに洗わなければなりません。
					湯舟につかるのは、20分以内にします。
					タオルは、軽くたたくように、よく水気をきって使い、保湿剤を随時塗ります。
					保湿剤は、自分に合ったものを使用します。