청심국제병원

脳神経疾患

Home > 診療案内 > 特化診療 > 脳神経疾患

脳神経疾患 特化診療
最近、 高齢化社会に入り、 急激に脳神経疾患の患者が急増しています。これと関連して、当院の脳神経疾患センターでは、このような疾患に対する正確な診断と治療を通じて、社会復帰と日常の活動が維持できるように、最上の医療サービスを提供しています。

パーキンソン病

  • 特徴:パーキンソン病は、脳からドーパミンを合成する神経細胞が死滅して発生します。パーキンソン病の主な症状は、体の動きが遅くなる徐動、筋肉がこわばる硬直、身体の一部が震える振顫、姿勢を維持することができず、ころびやすい姿勢不安定、などが特徴です。
  • 診断: パーキンソン病およびその他の異常運動疾患は、他の疾患と違い、神経科の専門医の細かい神経学的病歴の聴取、検診および検査を通じて診断する疾患です。追加的に血液検査MRI・PET検査などを通じて、診断に役立っています。

脳卒中

  • 特徴: 脳卒中は、韓国で死亡の原因のうち第2位を占めるほど、韓国人に最も重要な死亡の原因だと言うことができます。また死亡には至らなくとも、半身麻痺や言語障害など、脳卒中の後遺症のある人が多い病気です。であるにも拘わらず、まだ多くの人が脳卒中に対する常識が不足しています。脳卒中の危険性がよくわからない場合、死亡、または酷い後遺症に悩まされる場合が多くあります。したがって、脳卒中が生じたら、必ず病院で診療を受けられますようお願いします。
  • 診断: 私たちの脳は、非常に多様な機能をもっています。脳血管が塞がったり、破裂したりすると、脳細胞の一部分が死んでしまいます。これによって、脳細胞が死んだ部位で担当していた機能に障害が生じることがあり、これが脳卒中の症状となっています。

痴呆

  • 特徴: 痴呆は、早期に発見して予防し、治療することが重要です。多様な痴呆疾患がありますが、早期発見時に退行性の疾患を除けば、治療が可能な場合や症状の進行を防ぐことができる痴呆がたくさんあります。退行性の疾患であるアルツハイマー型の痴呆は、現在は完治が難しいですが、薬物治療を通じて、集中力と記憶力を向上させ、症状を緩和、あるいは遅延させてくれます。また血管性の痴呆の場合、脳卒中の原因治療と共に薬物治療で症状が好転することもあります。薬物治療の他にも音楽・美術・作業治療、運動などを通じて認知機能を向上させることができます。ですから、痴呆の症状の疑いがある時は、必ず診察をお受けください。
  • 診断: 基本的な血液検査や神経学的検査だけでなく、心理検査を含めた様々な神経認知機能検査を実施します。また脳の器質的病変があるかを確認するために、脳CT・ MRIあるいは脳PET撮影を行います。