청심국제병원

検査装備の紹介

Home > 診療案内 > 検査装備の紹介

PACS - 의료영상저장전송시스템

病院の映像医学科撮影 (X-Ray/MRI/CT 等 )の結果をコンピューターで獲得・貯蔵・伝送・照会することのできる医学映像システムのことです。これによって、既存の撮影―現像―フィルム・判読の複雑な過程が撮影―判読の単純な過程に変わることによって、診療結果を迅速に知ることができ、患者様の診療記録が紛失される危険性が少なくなり、より正確になった映像で診療レベルが向上しました。またネットワークを通じて、院内はもちろん、国内および海外のどこででもリアルタイムで患者様の映像を照会することができ、便利になりました。

go top

MRI, MRA - 자기공명단층촬영

※ 所要時間:30~50分

人体を構成する物質の磁気的性質を測定し、コンピューターを利用して再構成し、映像化する技術で、一般X線撮影・超音波・ CTで見えない病変までも発見することができます。高周波に磁石だけを利用するので、人体に害がなく、人体の横断面・縦断面・側断面に対する同時撮影と3次元的映像の獲得が可能です。

  • Brain MRI MRA :
    脳血管の疾患・外傷性頭蓋腔内血腫・脳腫瘍・退行性疾患・感染性疾患・水頭症・水脳症などを検査
  • Spine : 脊髄疾患・椎間板ヘルニア・脊椎疾患をはじめ、骨盤・卵巣・四肢にわたる疾患を検査

go top

64채널 - MDCT

64チャンネルMDCTは、64個の多重検出器を使用する最先端映像医療装備で、画期的に広い検査領域を薄い厚さで迅速に撮影します。既存のCT装備より映像をずっと薄く獲得しながらも解像度が優秀で、すべての検査の3次元の映像をリアルタイムで得ることができ、撮影時間も大幅に短くなりました。

検査の対象
  • - 平常時または運動の時に、胸の痛み・動悸・めまい等を経験された方
  • - 心臓疾患の家族歴がある場合
  • - 高血圧・糖尿・高脂血症(高コレステロール症)などの慢性疾患がある方
  • - 喫煙または腹部肥満・運動不足などの危険要因をもっている方
  • - 55歳以上の高齢者
  • - 健康検診目的で、心臓血管検査を希望される方
疾患別診断
  • - 脳神経疾患:脳出血・脳梗塞・脳血管疾患・脳腫瘍など
  • - 肺疾患:肺癌・肺炎・肺結核・肺拡張症など、各種の肺器官疾患・縱隔および胸壁疾患など
  • - 心血管疾患:心臓冠狀動脈疾患など、各種の心臓疾患・大動脈疾患・全身血管疾患など
  • - 腹部疾患:肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・腹腔の各種疾患
  • - 大腸疾患:CT大腸鏡を利用した大腸ポリープ・大腸癌など
  • - 筋骨格系疾患:脊椎椎間板ヘルニア疾患・退行性疾患・骨折・筋骨格系腫瘍性疾患など
  • - 泌尿生殖系:膀胱癌・子宮癌・卵巣癌など、各種の婦人科疾患

go top

C-arm

C-armは X-ray機器の一種で、体の骨および関節などを連続的に透視する連想装置です。
体の各部位の撮影および現像が可能で、疼痛治療の為の神経遮断および関節治療の時、正確に病変の部位を捉え、治療できるようにします。

go top

MAMMO - 유방촬영

※ 所要時間10~15分

触感のない乳癌を発見するのに最も鋭敏な検査は、乳房撮影術(マンモグラム)です。乳房撮影術は、両側の乳房を他の方向でそれぞれ2枚ずつ撮影することを基本に、撮影時、乳房がつぶれるほど放射線の露出が少なく、内部がよく見え、小さな癌も診断することができます。乳房撮影術で発見された凝りに対する精密検査で、乳房超音波検査を行いますが、高密度細胞組織の間に隠れている病変の検査に非常に有効に利用されます。

年齢別の乳房診断の方法
  • 30歳以後:毎月、乳房の自己検診
  • 35歳以後:2年間隔で、医師による臨床診察と乳房の自己検診
  • 40歳以後:1~2年間隔で、医師による臨床診察と乳房自己検診 1~2年間隔で乳房撮影(必要であれば乳房超音波)

go top

SONO - 초음파검사

※ 所要時間15~20分>

超音波検査には、上腹部・骨盤・乳房・甲状腺・頚動脈・経直腸・前立腺、超音波検査があります。 検査の部位にゼリーを塗って、探触子をあてて検査をします。 人体に害がなく、検査中に痛みや不便さはありませんが、経直腸前立腺超音波を行う場合には、若干の痛みや不快感があることがあります。

  • 上腹部超音波検査は、肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓などの疾患を診断する検査で、約10分程度の時間が所要されます。 検査の前日の夕食は、10時前までに軽く取り、検査が終わる時まで何も食べてはいけません(水・飲料水やタバコなども)。
    但し、薬を服用する場合、少量の水で薬だけ飲むようにします。
  • 女性の子宮と卵巣、膀胱などを含む骨盤内の臓器を診断する場合は、約10~15分程度の時間が所要されます。尿がいっぱいに溜まってこそ子宮がよく見えるので、排尿は検査後に行ってください。場合によっては硬質骨盤超音波を並行することもあります。
  • 甲状腺超音波検査は、首を伸ばした状態で行い、甲状腺の模様と大きさ・甲状腺疾患・良性結節・悪性結節(甲状腺癌)を診断します。

go top

01 02 03