청심국제병원

検査装備の紹介

Home > 診療案内 > 検査装備の紹介

Echocardiography - 심장초음파검사

※ 所要時間 30~50分

心血管系疾患の診断を補助する為に行われ、超音波を利用して弁膜の動きや心房および心室の大きさと状態、血流の動きは、量と速度など、心臓の構造と機能を調べる為の検査です。 最近、使用されているカラー超音波診断機は、血流の方向と速度を青色と赤色の濃度の違いで表します。すなわち、心臓の心房腫瘍や血栓を診断し、心臓発作の後、心臓の動きを観察するのに役に立ちます。.

心臓超音波検査の臨床的意義
  • - 胸痛・心電図上の異常所見がある場合
  • - 胸部X線撮影時、心臓の肥大が観察される場合
  • - 心房・心室・弁膜・大動脈のような心臓の構造に問題がある場合
  • - 先天性心疾患・冠状動脈疾患者の場合
  • - 心筋疾患・心房および心外膜の滲出液を診断する場合

go top

BMD - 골밀도검사

※ 所要時間15分

骨粗鬆症とは、骨を構成するミネラル(特にカルシウム)と気質が減少した状態であり、結局は骨折しやすくなっている状態のことを言います。 非常に細かく簡単な方法で、腰痛・手首・足の裏など、骨の内部の骨量を測定することにより、 骨粗鬆症であるかどうかや程度を判断します。

骨密度測定が必要な場合
  • - 閉経期に入ったり、閉経を迎えた場合
  • - 飲酒・喫煙過多の時
  • - 腰痛やリウマチ性関節炎がある場合
  • - 家族の中に骨粗鬆症の患者がいる場合
  • - 軽い外傷でも骨が折れやすい場合
  • - 背中が曲がったり、背が過去より小さくなった場合
  • - 糖尿を患っている場合
  • - 子宮除去手術を受けた場合
  • - 胃腸疾患で長い間、栄養の摂取が不足な場合

go top

EMG - 근전도검사

※ 所要時間30~40分

筋電図検査は、神経と筋肉の健康状態を知ることができる特殊神経検査です。 神経筋肉系の病変部位、特に首または腰痛が筋肉痛なのか、神経痛なのかを区別することができ、椎間板ヘルニアの酷い場合や腕・足の麻痺の原因を知ることができます。 また糖尿病による神経合併症・外傷による神経損傷・神経に病気が侵犯した程度および好転如何を判断することができます。

このような症状があれば、筋電図検査が必要です。
  • - 糖尿患者の腕・足のしびれ
  • - よく腕や足が引きつる時
  • - 理由のない四肢の筋力弱化
  • - 先天性あるいは後天性筋肉疾患
  • - 神経筋接合部疾患
  • - 手のひらのしびれ
  • - 腕・足に力がなく、乾燥する時
  • - 首の痛みに伴って腕・足のしびれる感覚と筋力弱化
  • - 腰痛の伴った足のしびれる感覚と筋力弱化
  • - その他、担当の主治医が必要だと勧められた場合

go top

EKG - 심전도검사

※ 所要時間5~10分

心臓のポンプ作用は、心筋が収縮することによって起こりますが、心臓が拍動する度に微弱な電気が生じ、それによって身体内に電流が流れ、この電流によって身体の表面に電位の分布が発生します。 心臓の発動で生じた小さな電位の変化を身体の表面の適当な部位に一定の方法で誘導し、増幅して、図形で記録したものが心電図です。

心電図の臨床的意義
  • - 心室あるいは心房の肥大や拡大、心室内の伝導障害・心房と心室の不整脈
  • - 心筋虚血あるいは梗塞、先天性心奇形での特異な所見
  • - 電解質異常心筋および心嚢炎と心嚢滲出
  • - 心臓薬の効果判定、人工心拍器の機能の評価など

go top

24hr Holter Monitoring - 24시간 심전도검사

※ 所要時間24時間(丸1日)

日常生活をしながら長時間、心電図を記録する検査で、不整脈と心筋虚血診断に有用です。 標準24時間、心電図を記録すれば、早期拍動の検出率が約2倍以上増加します。 また、ほとんど不整脈は短い期間発生した後、なくなることが多く、一日の中で変動が多く、長時間、心電図検査の必要性が要求されます。

24時間心電図の臨床的意義
  • 患者様の特定の症状と不整脈発生の一致如何および不整脈の有無が予後に影響を及ぼす疾患がある時、不整脈の有無を確認する為に行います。

go top

EEG - 뇌파검사

※ 所要時間1~2時間

脳波とは、大脳皮質で起こる脳細胞活動の電気的電位のことです。 脳中枢神経系の自発的神経活動を電極を通じて受信し、脳波機器内で増幅、濾過過程などを経て、二つの電極間の電位差を利用して波形を変えて記録します。 患者様の電気生理学的異常の有無を判断し、疾病の診断と治療、予後の観察と追跡検査に必要です。

脳波検査の臨床的意義
  • - 脳の異常の有無を診断する検査
  • - 痙攣性疾患・頭痛・脳腫瘍・脳血管疾患・意識障害の有無や程度・脳膜炎・脳死判定など

go top

PFT - 폐기능검사

※ 所要時間10~15分

肺が大気から空気を吸ってはく換気機能・肺胞と毛細血管で酸素と二酸化炭素を交換する過程・肺の血液循環と血液を通じて末端組織まで酸素を供給し、動脈血の酸素と炭酸ガスの濃度を一定に保つことを呼吸と言います。 このようにいくつかの段階にわたってなされる呼吸機能を測定する検査を総称して、肺機能検査と言います。

肺機能検査の臨床的意義

1)診断的施行
  • ① 症状と兆候がある時
  • ② 検査で異常所見を見せる時
  • ③ 肺疾患を起こす恐れがある時
  • ④ 手術の前後の危険度を評価する時
  • ⑤ 治療と予後を調査する時
2)追跡調査
  • ① 治療の為の施術効果を評価する時
  • ② 肺疾患の経過を調べようとする時
  • ③ 個人や集団の追跡調査をする時
  • ④ 薬物の副作用を調べようとする時

go top

01 02 03