청심국제병원

検査装備の紹介

Home > 診療案内 > 検査装備の紹介

TCD - 뇌혈류검사

※ 所要時間1~2時間

人体に無害な超音波を利用して、頭蓋骨を開かずに、頭蓋骨の上に位置している窓を通じて超音波を発射し、大脳に血液を供給する頭蓋骨外部の総頚動脈・内頚動脈および脊椎骨動脈と頭蓋骨内部の基底動脈・中大脳動脈・前大脳動脈および後大脳動脈と頚動脈サイフォン地域の血管・血流の流れ・血流の状態(狭窄・閉鎖・梗塞・動脈瘤・出血など)を測定します。

脳血流検査の臨床的意義
  • - 脳卒中を起こす(出血と梗塞)血管の総体的状態をあらかじめ把握して適切な治療を受けることによって脳卒中を
       予防することができます。
  • - 偏頭痛・塞栓症診断、脳血管奇形の診断、頚動脈検査
  • - 頭蓋腔内血管の閉鎖(遮断・狭窄)如何の観察、連結部分で血流運動検査
  • - くも膜下出血による脳血管痙攣のモニタリングと検査
  • - 主要な内頭蓋骨動脈で狭窄症検査(血栓が65%以上の時感知可能)
  • - 椎骨脳基底動脈の検査、脳死診断、脳血管手術後のモニタリング、脳卒中の早期診断
  • - 血管性インポテンツ検査、脳震変性疾病、小脳および大脳変性疾病

go top

24hr BP - 24시간 혈압검사

※ 所要時間24時間(丸1日

小型の血圧計を体に付けて24時間、持続的に(日常生活時30分間隔・睡眠時1時間間隔)血圧を自動測定した後、記録された数値の変化の平均を出して、血圧を客観的に評価します。

24時間血圧検査の臨床的意義
  • 不整脈の有無を確認する為に行います。また、患者様の症状の特定と不整脈発生の形態および不整脈の有無が予後に影響を及ぼす疾患がある場合にも行います。

go top

PWV - 동맥경화협착검사

※ 所要時間5~10分

動脈硬化狭窄検査とは、血管弾性度を測定し、動脈硬化の程度を間接的に測定する有用な方法です。上肢および下肢の動脈圧波型を測定し、自動的に分析して、結果が出ます。動脈硬化は、動脈血管壁にコレステロールなどが沈着しつつ血管が硬くなり狭くなる状態を言います。高血圧・糖尿病・高脂血症などは、動脈硬化の原因となり、放置する場合、心筋梗塞・脳卒中などの深刻な成人病へと発展します。

動脈硬化狭窄検査が必要な症状
  • - 高血圧:高血圧で薬を服用される方
  • - 糖尿病:酷い血管損傷をもたらす糖尿がある方
  • - 高脂血症:コレステロールの数値が高く、高脂血症で薬を服用される方
  • - ストレス:普段、酷いストレスを受ける方
  • - 喫煙:喫煙または間接喫煙をされる方
  • - 高齢者:動脈硬化の危険信号の高齢化、普段健康だった方も油断禁物
  • - 男性:男性が女性より相対的に動脈硬化の危険に更に露出

go top

01 02 03