청심국제병원

リハビリセンターの特徴

Home > 診療案内 > リハビリセンター > リハビリセンターの特徴

400坪規模の世界的施設と優秀な医療スタッフがお迎えします。

清心国際病院のリハビリセンターは、リハビリ医学科の専門医を中心に、各分野の専門治療師たちでリハビリチームを構成して患者様の障害以前に最も近い状態に回復させ、家庭と社会に復帰できるように、トータル的な治療方法をチーム全体が患者様お一人お一人に適用しています。

400坪規模の当センターでは、熱・電気治療室・運動治療室・作業治療室・小児治療室・言語治療室と200坪の水治療室が設置されており、7種類の水治療を患者様の疾患に合わせて適用することができるので、多様な治療でリハビリの期間を短縮することができ、常に研究し最善を尽くす治療師たちが治療およびリハビリを助けており、機能の回復と潜在的能力までも発達させ、社会生活へと最短の時間内に復帰できるように心身を治療する国内最大の治療センターであると自負しています。

清心国際病院は、韓国国内で外国人が最も多く入院および手術や外来治療を受ける病院であり、その特異性によって、多様な疾患および幅広い治療の領域(既存の物理治療の処方をする診療とはもちろん、産婦人科・精神科など全診療科で処方)を扱っていますので、治療師たちが幅広い研究と国内外の教育に参加し、資質を向上させるという努力も続けています。

清心国際病院は、リハビリの患者様を対象に、MRI/CT/筋電図器などの先端装備を活用した正確な診断検査を行い、手術をできるだけ止揚し、筋肉強化運動を通じて、自然治癒力を極大化させています。

当院のリハビリセンターでは、治療プール・ウォーキングプール・ウォールプール・半身/対照浴などを多様に細分化した水治療施設と冷却治療器・コンピューター総合痛症治療器など、特殊装備を運用しており、選択的霊性治療、韓方科との協診で韓方薬・鍼・吸い玉などの韓方処置など、顧客満足のために提供する統合的治療のプレミアムが大きいという長所があります。

物理治療

物理治療は、疾患や物理てき損傷により発生した人体の不安定な状態を治療的運動(Therapeutic Exercise)調整(Handling)とマッサージのような治療師の手や熱(Heat)・冷(Cold Ice)・水(Water)・光線(Light)・電気(Electricity)などの物理的な要素を有効で適切に活用し、痛症を緩和または治療し、残っている機能を最大限に使うことができるように訓練するのもです。
同時に、損なわれた機能を回復させ、患者様の身体的・精神的・社会的リハビリを助け、潜在的能力までも発達させて、できるだけ早く社会に復帰でき、日常生活が可能な限り正常にできるようにすることがリハビリ医学の一つの分野です。