청심국제병원

牽引治療室

Home > 診療案内 > リハビリセンター > 牽引治療室

牽引治療室

首と腰の椎間板ヘルニアに牽引力を利用して椎間板ヘルニアに加えられる圧迫を解消させ再び元の位置に戻るように治療します

脊椎は頚椎7、胸椎12、腰椎5、脊椎および尾椎でできており、頚椎3番から薦椎まで、各々の脊椎の間には、椎間板があって、圧迫負荷の緩衝作用と脊椎の関節運動ができるようにする役割をします。

直立の人類には、避け難い病が正に椎間板ヘルニアですが、頭をあまり下げないで、腰を曲げずに直立していれば、避けられます。腰を曲げて頭を下げた姿勢で長い時間立っていたり、座っていること、重い物を持つこと、急に過度に腰を回すことなどによって、椎間板ヘルニアが損なわれることがあり、後方に突出して出てきます。椎間板ヘルニアの繊維輪が破裂して、その中の液が脱出して出てきますが、完全に硬くなると、手術的治療が避けられなくなります。
						ほとんどは、椎間板が脊椎の側後方にある神経筋を圧迫し、刺激して、首や腰が痛くなったり、その神経筋が支配する肩・腕・手・尻・足などが引っ張られたり、しびれたりする放射痛が生じ、酷い場合は感覚異常、運動現象などが現れます。
						それで椎間板ヘルニアの治療は、牽引治療を通じて、椎間板に加えられる圧迫を解消させ、再び元の位置に戻して、椎間板がある脊椎の間隔をある程度維持させなければならず、牽引治療後に、また突出して出てくるヘルニアは、上のような正しい姿勢で神経筋が再び刺激を受けないようにしなければなりません。牽引治療の数週間後には、軟部組織およびヘルニアが癒され、正常化されれば、日常生活に支障なく完治することができます。