청심국제병원

小児治療室

Home > 診療案内 > リハビリセンター > 小児治療室

小児治療室

小児治療室では運動能力が低下している子供を対象として神経発達治療を行います。

小児治療室では、中枢性の運動疾患および発達遅延の早産児および 嬰乳児・脳病変障害・脳性麻痺・脳障害・精神遅滞・四肢のアンバランス成長(発育不振・上腕神経叢麻痺・足の長さの違い)、筋肉疾患などの運動能力が低下している子供を対象として、神経発達治療を行います。

この為に、子供の評価過程が先行されますが、これは子供を観察しながら、子供の課題遂行を質的に分析して、解釈するもので、非正常的な動きを減らし、調節された動きのパターンで活動できる背景をつくることが目的です。正常発達で表れる裏返し機器・四足機器および独立歩行などの基本的な動作の形態、一定の姿勢や運動などで重点的に治療し、医師・物理治療師・作業治療師が共に評価を通じて、子供の発達水準に合った長短期の目標を共有して、子供の状態を正確に理解し、これを通じて日常生活で治療効果を極大化しています。