청심국제병원

霊性治療のご案内

Home > 診療案内 > 霊性治療 > 統一健康の背景
健康の概念
Health is a dynamic state of complete physical, mental, social and spiritual well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
					健康とは、疾病や障害がないだけでなく、身体的・精神的・社会的、および霊的に、完全にコンディションが良好で躍動的な状態のことをいう。-	1998.1 WHO(世界保健機構)
健康の概念は、19世紀中頃の前までは、肉体が丈夫な者が社会を支配し、体が虚弱な人は無視されるという身体概念が主流を占めていましたが、それ以降、 健康な肉体に健康な精神が宿るという心身概念へと変更し、20世紀の中盤からは、仕事・運動・休息・睡眠などの日常的な生活を営む上でなんの支障も苦痛もない状態を意味する生活概念へと変わりました。
社会的健康の概念は、世界保健機構(WHO)が1948年4月7日に発表した「健康とは、単に疾病がないとか虚弱でない状態だけを意味するのではなく、肉体的・精神的・社会的に完全な状態を意味する。」 と定立された後、1988年1月には、健康に関する概念をより拡張して、霊的な概念を追加し、「健康とは、ただ単に疾病がないとか虚弱でないというだけでなく、肉体的・精神的・社会的、および霊的に、 コンディションが良好で躍動的な完全な状態である。」と定義されています。このような内容を見てもわかるように、健康の定義は、社会的側面を含めた広範囲で抽象的であると同時に、 哲学的なアプローチを内包しており、更に積極的な健康の増進を強調する特徴をもっています。
ニューズウィーク誌(2003年12月24日付け)では、「信仰が、健康を増進させることができるのか。」というテーマで、霊性医学の効験、宗教が健康に及ぼす影響などに関して、深層な企画記事を扱っています。 現在、アメリカのメディカルスクールでは、その大半が、「霊性と医学」に関連した課程を開設しており、その主な理由は、患者が更に多くの霊的なケアーを要求しているからだと言っています。 ニューズウィークのアンケート調査によれば、アメリカ人の約72%が、医師と信仰について対話することを願っているという答えを明らかにしています。
ウェルビーイング時代の到来
現代社会が発達するにつれ、人生の質を追求する価値観とライフスタイルを願うようになり、健康の管理と日常的な主な関心事として台頭してきています。 ウェルビーイング(良好な状態)が追求されるのは、 肉体的・精神的健康の調和を通じて、幸福で美しい生き方を追求するものです。 人為的で都市的なものよりも自然に溶け込んだもの、旅行・レジャー・丹田呼吸・瞑想・ヨガ・ヘルスクラブ・スポーツなどを通じて、心と体の健康を追求します。また物質的には十分に豊かとは言えなくとも、 健康な生き方を得るのに、多くの時間と努力を投入し、肉の代わりに魚や有機農の産物をたくさん食べ、インスタント食品よりは、スローフードを好む傾向となってきています。
統一健康の追求
韓国の憲法では、健康は「すべての国民が当然、享有すべき基本的権利」とされています。
健康の具体的な要素:
- 肉体の外的要素:身長・体重・体力などの外形的計測値
- 肉体の機能的要素:各器官の構造・関係・生理機能など
- 精神的要素:健全でバランスが取れていて、統一された性稟など
健康の具体的要素とは、肉体の外的要素と肉的機能の要素、精神的要素を統合したものと見ることができます。 統一健康は、人間の心と体、霊人体と肉身という関係性を通じた全人的な健康、本質的な健康の概念に、永遠性を与えています。統一健康は、「統一原理」に立脚した健康であり、真の愛と真理を中心とした健康を言います。 健康な個人から健康な家庭、健康な環境を築くことのできる健康な生活を営む為の概念です。